Program Resource

開発者向け各種コード、アルゴリズム、リソース情報ライブラリ もしくはねふぁの覚え書き

普段PCではBecky!、スマホからはK-9のメールクライアントを使ってメールを読んでいるが、ブラウザから簡単にアクセスできるメール環境が欲しくなり、調べてみた。

SquirrelMailとroundcubeが良く紹介されているので、デザイン的にもよさそうなroundcubeを入れてみる事にした。

参考にしたサイト:

http://netlog.jpn.org/r271-635/2013/03/roundcube_webmail_085.html
http://blog.torigoya.net/2010/05/24/centos-5-rcmail/

httpやpostfixadmin、dovecotは導入済みなのでこのあたりは割愛。roundcubeのインストールに絞って説明する。

roundcubeのバイナリファイルをダウンロードする必要があるので、ダウンロード用URLを取得する。

http://roundcube.net

を開き、ダウンロードのページに進む。roundcubeのアイコンが「へぇ」ボタンに見えるのはさておき、

roundcube_001

roundcube_002

自動的にダウンロードされるので、ダウンロードしたファイルをサーバーに転送するか、サーバーで直接取得するためにダイレクトダウンロード用のURLをコピーしておく。

roundcube_003

TeraTerm等を使ってサーバーにログインし、roundcubeのバイナリーファイルを取得する。サーバーから直接取得する場合は先ほどのダイレクトダウンロード用URLを使い、

wget http://[ダイレクトダウンロード用アドレス]

でダウンロード。そして展開する。バージョンが0.9.3の場合

tar -zvxf roundcubemail-0.9.3.tar.gz

の様になる。展開後、

mv roundcubemail-0.9.3 /var/www/html/webmail<br />chown -R apache.apache /var/www/html/webmail

でフォルダーを移動とパーミッション変更。次に、httpd.confを編集してaliasを作成しておく。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

下記行を追加。aliasの場所は好みで。

Alias /webmail /var/www/html/webmail<br />&lt;Directory "/var/www/html/webmail"&gt;<br />Options Indexes FollowSymLinks<br />AllowOverride All<br />&lt;/Directory&gt;

sqlコマンドを実行し、roundcube用のデータベースを作成する。

# mysql -r root -p<br />mysql&gt; create database roundcubemail;<br />mysql&gt; grant all privileges on roundcubemail.* to roundcube@localhost identified by 'パスワード';<br />mysql&gt; quit

パスワードは任意で。後は

service httpd restart

で下準備は完了。ブラウザで

http://[ipaddress]/webmail/installer

を開くと設定画面が表示される。

roundcube_004

ページにある全てのコンポーネントがインストールされている必要はない。ページ下にNEXTのボタンがるので、進む。

roundcube_005

とりあえず下記入力欄を埋めておく。

  • Database passwordにパスワード(データベース作成時に設定したパスワード)
  • IMAPのdefault_hostにサーバー名
  • IMAPのusername_domainにサーバー名
  • SMTP Settingsのsmtp_serverにサーバー名
  • smtp_port(25か587)
  • languageに「ja_JP」

ページ下にある「UPDATE CONFIG」ボタンを押す。

設定内容が書きこまれたmain.inc.phpとdb.inc.phpが表示されるので、downloadでファイルとしてダウンロードしてサーバーにアップロードするか、TeraTermで

vi /var/www/html/webmail/config/main.inc.php

 

vi /var/www/html/webmail/config/db.inc.php

でファイルを開きコピー・ペーストして保存する。

保存後再度viでmain.inc.phpを開き、

$rcmail_config['mail_domain'] = 'example.com';

$rcmail_config['imap_auth_type'] = 'PLAIN';

等、必要に応じて設定を調整する。

Test config画面でメール送信のテストとIMAPのログインテストが出来る。筆者の環境では、テストメール送信は出来たがここではIMAPのログインが認証エラーとなりログインできなかった。ここでは失敗していたが、webmail画面では問題無かったのでここでIMAP失敗していてもwebmailからのログインを試してみると良い。

roundcube_006

これで設定は終わりである。

http://[ipaddress]/webmail

を開いて、nanasi@example.com / password 等、対象サーバーのメールのユーザー名とパスワードでログインしてみよう。

roundcube_008

ログイン成功すれば、メール画面が開く。

基本機能はしっかり押さえられており、普段使う分には申し分なさそうである。

roundcube_009


さくらVPSでroundcubeのWebmailを使う」 に1件のコメント

  1. Laticia より:

    Check this out Canada there is a YouTube Canada site up but no one can not login as yet! Our caimgpan became a reality check out our profile for more!www youtube dot ca

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*