Program Resource

開発者向け各種コード、アルゴリズム、リソース情報ライブラリ もしくはねふぁの覚え書き

Arduinoからリレーモジュールを制御する場合、ライブラリも必要なく単にピンを出力に設定し、HIGH/LOWで切り替えるだけである。

5V駆動のリレーモジュールであれば、VCC/GNDに5V/GND接続し、後は適当なデジタルピンに制御したいリレーの信号を接続し、

pinMode(4,OUTPUT);
digitalWrite(4,HIGH);

の様に記述するだけである。

DSC03490

複数ポートの場合もVCC/GND接続し、信号線をリレーの数接続するだけで基本は同じである。

DSC03491

ただ、リレーモジュールによりHIGH/LOWでリレーのオン・オフが逆転していたり、ジャンパーでHIGH/LOWのどちらでリレーをオン・オフするか切り替えるタイプもある。

また、信号線が3.3Vに対応しているがリレーモジュールは5V駆動の場合、5Vを別途供給する必要がある。VCCとJD-VCCをジャンパーでショートしている(VCCに5V供給の場合VCCがそのままJD-VCCに供給される)ので、ジャンパーを外しJD-VCCに5Vを供給する。

DSC03493

リレーモジュールが12V駆動のタイプの製品もあり、この場合JD-VCCに12Vを供給する。

シールドタイプのリレーモジュールもあるが、基本は同じである。

DSC03487

上記写真のタイプは4つのリレーがデジタルピン4~5にアサインされている。

以下、1秒毎に4つのリレーを順次切り替えていくサンプル。

void setup() {
  pinMode(4,OUTPUT);
  pinMode(5,OUTPUT);
  pinMode(6,OUTPUT);
  pinMode(7,OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(4,HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(4,LOW);
  digitalWrite(5,HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(5,LOW);
  digitalWrite(6,HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(6,LOW);
  digitalWrite(7,HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(7,LOW);
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*