Program Resource

開発者向け各種コード、アルゴリズム、リソース情報ライブラリ もしくはねふぁの覚え書き

Arduinoでの工作に1602や2004等のキャラクタディスプレイを使用する事が多々ある。

カタカナも表示できるが、8文字まで独自デザインの文字を登録し表示させる事も出来る。アンテナマークや絵文字等、少しだけ工夫の幅が広がる。

カスタム文字は5×8ドットのデータを8バイトのデータとして登録し、write(#)で表示するだけである。

下記サイトを利用するとデザインしながらスケッチも作成できる。

https://maxpromer.github.io/LCD-Character-Creator/

以下は♪とチェックマークの記号を登録して表示する例。登録はcreateChar(#,データ)で、表示はwrite(#)である。

#include <LiquidCrystal_I2C.h>
LiquidCrystal_I2C lcd(39, 20, 4);

byte musictone[8] = { //♪記号
	B01100,
	B01010,
	B01001,
	B01001,
	B01010,
	B11000,
	B11000,
};
byte checkmark[8] = { //チェックマーク
	B00001,
	B00001,
	B00010,
	B00010,
	B10100,
	B11100,
	B01000,
	B00000
};


void setup() {
	lcd.init();
	lcd.backlight();
	lcd.createChar(0, musictone);
	lcd.createChar(1, checkmark);
	lcd.setCursor(0,0);
	lcd.print("Hello World");
	lcd.write(0);	
	lcd.setCursor(0,1);
	lcd.write(1);
	lcd.print("check");
}

void loop() {
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA