Program Resource

開発者向け各種コード、アルゴリズム、リソース情報ライブラリ もしくはねふぁの覚え書き

自作基板でArduinoを使用する際にArduino Nanoで使われているATMEGA328P-AUのマイコンを使う事がある。

小型でコンパクトに出来、使い易いのだが、面倒なのはブートローダーの書き込みである。ブートローダーの書き込みはスケッチ書き込みと違い最初に一回行う程度なので、そのために回路やピンを配置するのはプリント基板のスペースがもったいない。

ブートローダーが書き込まれたチップも売られているが、差額のお金がもったいない。

ATMEGA328P-AUにArduinoのブートローダーを書き込むための装置がaitendoから発売されている。QFPでいいの [K-QFPDEIINO]と言う製品である。

http://www.aitendo.com/product/15799

商品はキットなので少し半田付けが必要だが、ATMEGA328P-AUを使う時点で半田付けは問題ないだろう。

さて、このキットは単体ではブートローダーを書き込む事が出来ない。書き込むため別途Arduinoが必要だ。また、書き込み状況はシリアル出力なのでPCと接続しシリアルモニターで確認しないと分からない。

そこで、Arduino NanoとOLEDディスプレイをつけて単体でブートローダーを書き込める様にした。

Arduino NanoとQFPでいいの のユニットはICSPピンを使い接続する。NanoとOLEDディスプレイはI2C接続。

QFPNano
5V5V
GNDGND
MISOD12
MOSID11
SCKD13
RSTD10

Arduino Nanoにブートローダー書き込み用スケッチを書き込む。以降はソケットにATMEGA328P-AUのチップをセットし、Arduino Nanoに電源を挿すだけで書き込みが行われる。

書き込みの様子の動画はこちら。モバイルバッテリーから給電なのでどこでも書き込み作業が出来る。

OLED対応書き込みスケッチは下記から。U8glibライブラリを使用。

オリジナルのスケッチは下記より。

https://forum.arduino.cc/index.php/topic,28733.0.html

This post is also available in: 英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA