Program Resource

開発者向け各種コード、アルゴリズム、リソース情報ライブラリ もしくはねふぁの覚え書き

ファイルの転送用にFTPサーバーの設定を行う。

参考にしたサイト:

http://akibe.com/centos-setup-6-ftp/

ftpサーバーをインストールし起動する事を確認、およびシステム起動時に自動起動に設定。

yum -y install vsftpd
/etc/rc.d/init.d/vsftpd start
chkconfig vsftpd on

設定ファイルを変更し、anonymousを無効、指定ユーザーのみ許可。

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

下記行を変更する(連続していないので /キーワード で探して置換)

anonymous_enable=NO
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
ftpd_banner=Welcome to FTP service.
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
ls_recurse_enable=YES

下記行を設定ファイル最後に追加

userlist_deny=NO
user_config_dir=/etc/vsftpd/vsftpd_user_conf
pasv_min_port=50000
pasv_max_port=50030

FTP専用ユーザーを追加(もしくは既存ユーザーに権限を与える場合はuser_listにユーザー名を追加する)

adduser --shell /sbin/nologin --home /ftproot ftpuser
passwd ftpuser
vi /etc/vsftpd/user_list

user_listにFTP許可するユーザーを記述する

ftpuser

空ファイルを作成する(開いて保存して閉じる)

vi /etc/vsftpd/chroot_list

FTPデーモンを再起動

/etc/rc.d/init.d/vsftpd restart

IPテーブルを更新

iptables -A SERVICE -p tcp --dport 20 -j ACCEPT
iptables -A SERVICE -p tcp --dport 21 -j ACCEPT
iptables -A SERVICE -p tcp --dport 50000:50030 -j ACCEPT
/etc/rc.d/init.d/iptables save
/etc/rc.d/init.d/iptables restart

後はFFFTP等のクライアントソフトを使って接続すれば良い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*