Program Resource

開発者向け各種コード、アルゴリズム、リソース情報ライブラリ もしくはねふぁの覚え書き

Arduinoで電子工作する際にデータを記録したり、画像やフォントデータ等を保存しておきディスプレイに表示するのにmicro SDカードのモジュールは非常に便利である。

ライブラリも提供されておりSPI接続で配線するだけでmicro SDのファイルの読み書きが出来る。しかし、上手く動かず悩む事もある。

HiLetgo 3個セット Micro SD TFカードメモリシールドモジュール Arduinoに対応 SPIマイクロSDアダプタ 6PIN [並行輸入品]

HiLetgo 3個セット Micro SD TFカードメモリシールドモジュール Arduinoに対応 SPIマイクロSDアダプタ 6PIN [並行輸入品]

上手く動作しない時に確認するチェックポイント

  • 配線
    配線が正しいか。接続するピンは正しいか。
  • 電源
    micro SDカードモジュールは結構電気を食うので、電力不足だと正常に動作しない。電源周りを見直す。
  • メモリ
    micro SDカードの処理は結構メモリも食う。空きメモリが少ないと正常に動作しない。
  • フォーマット
    ArduinoではFAT16 / FAT32のフォーマットをサポートしている。フォーマットが正しいか確認する。再度フォーマットし直してみる。Macを使っている場合、MS-DOS形式でフォーマットしてみる。
  • ファイル名
    普及しているライブラリではファイル名 + 拡張子の8文字+3文字をサポートし、長いファイル名はサポートしていない。長いファイル名をサポートしているライブラリも存在する。
  • モジュール / メモリカード
    そもそもモジュールかメモリカードが不良品と言う可能性もある。モジュールやメモリカードを交換してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA