Program Resource

開発者向け各種コード、アルゴリズム、リソース情報ライブラリ もしくはねふぁの覚え書き

Part 4でフォント設定と、簡単にデータ構成について説明した。

Parolaのライブラリにもフォント作成・変換ツールは付属している。

ただ、操作性等やや難があるのでフォントのヘッダーファイルを読み込み、ヘッダーファイル形式に出力できるツールを作成した。

Windows用、使用は自己責任で。

起動し、新規に作成するか既存のヘッダーファイルを読み込む。一つのヘッダーファイルで一つのフォントデータのみ対応。 Parolaライブラリのサンプルスケッチに入っているFont_Data.h 等をベースとすると良い。

名称はフォント名。備考はソースコードでコメントとして保存される。固定幅にすると全文字で固定ピッチとなる。幅をAutoにしておくと文字データの幅に合わせて自動的に幅が設定される。

ドットの編集はマウス左クリックでドット設定、右クリックでドットクリア。

This post is also available in: 英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA