Program Resource

開発者向け各種コード、アルゴリズム、リソース情報ライブラリ もしくはねふぁの覚え書き

今回はATmega 32u4を使って疑似USBマウスとして動作させるサンプル。

マウスには方式があり、位置を相対的に伝えるものと絶対位置で伝えるものがある。一般的なマウスは相対的位置で、マウスを動かすと「現在のマウスカーソル位置からこの方向にこの移動量動かす」と言った情報が流れる。

タッチパネル等が絶対位置で、「画面上のこの位置にマウスを動かす」情報が流れる。

今回は扱いやすい絶対位置のサンプル。スケッチは簡単で、マウスをこの位置に動かす、クリックする、のコマンドの構成。

座標は画面左上を0,0として、右下が32767,32767になる。画面中央は16384,16384。画面解像度は関係ないので注意。

下記スケッチはWindowsで左下にスタートメニューがある場合、スケッチ動作開始後5秒後にスタートメニューをクリックするサンプル。

なお、Android端末は絶対位置に対応していないので動作しない。

#include <HID-Project.h> //HID-Project by NicoHood

void setup() {
	delay(5000);
	AbsoluteMouse.begin();
	AbsoluteMouse.moveTo(30, 32740);
	AbsoluteMouse.click();
}

void loop() {
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA